チャットで女性に貢ぐ日々

チャットで遊ぶ日

チャットで遊ぶ日

仕事に恋愛に、ガールズチャットに日々を費やしているツネです。
この前話した友人が紹介してくれた30歳くらいの女性に、完全に片思い状態になっています。
10年ぶりに女性とデートへ行ったからウキウキしているだけなのか、本気で恋に落ちているのかわからない状況だけど確実にいえるのはデートする前よりは人生楽しいって思えていること。

「もうパートナーはいらないかな」って思ったいたけれど、いたらいたでなんやかんや嬉しいらしい。
まだ正式に付き合っているわけじゃないし、彼女もあまり自分のことをさらけ出していないように感じているからよく分からないんだ。

ただ昨日2回目のデートをしたっていう話はさせてもらいたい。
しかも体の関係まで持ってしまった。急なのはわかっているけれど、お互いもういい歳だし体の相性がいいのかを知っておく必要があったんだ。
結婚したのに「体の相性が最悪でした」なんてことは避けたいからね。

詳細を話すと、実は彼女から1回目のデートが終わった後に連絡が入っていたんだ。

「今日はすっごく楽しかったです。またお食事できると嬉しいです」って。
こんな几帳面にデート終わった後でも送信してくれるなんて、好感度がかなり上がりましたね。
あのままホテルへ連れ去らなくてよかったと心底思いました。

そのメールを受けていたので、2週間後くらいに予定が合ったので夜までやっているカフェでお茶することに。
ご飯メニューもあってかなり美味しかった。
彼女はパスタを、俺はサラダ付きの「ちょい飲みセット」とやらを頼んだ。夜にはお酒も出しているカフェだったから、ワイン飲みながら一緒に食事したんだ。
お酒はワインしか飲めないから、メニューにあって助かった。
何年物のワインとか、味がどうだとかそこまでは分からないから黙ってワインを飲んでいたんだ。
すると彼女から「ワイン飲む人って一人語り多いイメージでしたけど、ツネさんは違いますね」っていわれた。
だからバカ正直に「ワインしか飲めないけど、年代ものとか味とかよくわかんない」というとウケたみたい。
変な人ですね~と言われてしまったが、笑っていたのでひかれてはいないようだった。

食事が終わって、だらだら話していたら終電1本前の時間になっていることも気づかず…。

気づいた頃には大慌てだったけど、またタクシーで送ればいいやと思っていた。
でも彼女が帰りたくなさそうだったんで、「行きますか?」ってとうとう言ってしまったんだ。

無言でホテルまで行き、部屋入っても無言。それからはアツく抱き合いましたよ笑
無言になるなんて初セックスの高校生かよって思ったけど、10年ぶりにセックスしたんだから許してほしい笑

俺のいちもつは風俗嬢に褒められるくらいはデカイらしい。
まあお世辞かもしれないけどお、彼女もフェラしてくれる時はビックリしていたから自信はもっていいのかなって。

そんなこんなで翌朝そのまま名残惜しく解散して、それぞれの家に帰った。

それからというもの、ムラムラした時はガールズチャットの子の顔を彼女に見立ててシコるようになってしまった。
40代のおっさんが何してんだって感じだけど、一応まだ40代なんで許してほしい笑

ガールズチャットの子達もかなり焦らしながらのプレイを披露してくれるから、目の前であの子がストリップみたいにパフォーマンスしてくれているようでかなり興奮したよ。

セックスしてからはまだ連絡きていないけど、うまくいったんじゃないかなと思っている。
俺とのセックスが気に入らなければたぶんもう連絡は来ないだろうね。

俺から連絡すべきか?でも俺から連絡したら「よう!姉ちゃんセックスしようぜ」って行ってるようなもんだしね。
これはちょっと様子見になるかも。